インフォメーション

社員のつぶやき第17回「始まりがあれば・・・」(2013年12月号)


12月に入り、ぐっと冷え込んできましたね。弊社でも、お客様からの灯油のご注文が増え、冬の訪れを感じております。先日、日経新聞でこんな記事を発見しました。

「太陽光発電の固定買取価格を2015年度から30円/kwへ切り下げ案」

現在、太陽光発電の買取価格は、一般家庭が購入する電気料金の2倍以上の水準となっています。単純計算ですと、電力会社は40円で買った電気(太陽光発電によるもの)を20円で売ることになりますので、太陽光発電の電気買取が増えると、一般家庭向けの電気料金を値上げしなければなりません。それを、国側が懸念し、太陽光に比べて、買取価格の低い地熱や風力発電を推進していこうという狙いがあるようです。地熱や風力発電は、個人には少し敷居が高い気もしますが、家の敷地に、でっかい風車が立つところを見てみたい気もします(*'▽')
最近では、よくCMで「住宅ローンゼロの家」といううたい文句を見かけます。実際に、住宅ローンゼロにするためには、屋根を巨大にして、鹿の角のような形にしなければ困難だと思いますが、現在の買取価格であれば、まだ設置の検討の余地はあると思います。がしかし、来年の4月にでも買取価格は下がりそうなのであまり悠長に考えている時間はなさそうです(-_-;)
なんにせよ、そろそろ国の大盤振る舞いも終わりかなーなんてことを感じさせる記事でした。皆様、年末年始にかけて、これからぐっと寒くなりますので、石油ヒーターを取り出して、0120-664-475までお電話ください!古い灯油は田中石油ガスで処分いたします、柳でした(^◇^)